2018年05月27日

有為転変でゴー

 しかしみんなすごいなあ、と改めて思うのは、SNSなんかを閲していると、自分の考えや主張についてこれは正しいものだ! と、一点の曇りもなく信じ切り云い切る人が沢山、それこそ山のようにいることで、自分なぞは、常に自分の考えが間違っているのではないか、と思いながらものを考えたり云ったりしているから、いやほんと、みなさんすごいなあ、と皮肉でもなんでもなく思います。

 閑話休題

 そうして僕はいま、久しぶりに筒井康隆大人が五十年くらい前に著した『脱走と追跡のサンバ』を再読している最中なのだが、ああ驚いた、ここで書かれている、情報に取り巻かれて自分がどこにいるのかわからない、みたいな内容が全く現代の状況と同じじゃん、と僕には思えて、やっぱりすごい人の考えることは凄いものだ、と、全然すごくない感想を抱きつつ読んでいるところ。昔はこんなこと全然思わずに読んでいたそんな二十歳の頃の僕。まあ初読したのは今から二十五年以上前の話だから、世の中がこの作品世界のところまで到達していなかった、というのもあるけど。しかし僕は読書家ではないから読むのが遅くて全然進まないや。

 閑話休題

 若い女性ばかりを選んで体当たりをしてゆく新宿駅の若い男児の動画、などを閲するにつけ、遊郭・公娼の必要性を僕は考えるのですが、罷り間違ってそんな言葉を口にしたが最後、はあちゅう氏とそのフォロワーみたいな皆さまに言葉でどつきまわされてひどい目にあうんだろうと思って恐怖します。嗚呼、早くAIとロボットの技術が人間そっくり、にまでに進化して『ブレードランナー』ンときのダリル・ハンナ的な、セクサロイドが世の中にあらわれないかしらん、と、僕は願ってやみません。二つで充分ですよ。

 閑話休題

 もしもセクサロイド、みたいなモノが本当に世の中に現れたとしても、やっぱ批判を浴びるのだろうねぇ。性的なアニメを観るから性犯罪に走るのだ!  的な感じで、セクサロイドにすることを人間の女性にしてみたくなるはずだ! みたいな。あるいは、セクサロイドを開発するなんて女性を性の対象としか見ていない証拠だ! 的な感じで。

 閑話休題

 話は変わるが自分はサッカーには全く興味がないのですが、そんな自分からしても、W杯サッカーの話題がてんで聞こえてこないような気がするんですが気のせいですかね。ひょっとしたら、もうサッカーファン以外の日本人の大半は、W杯慣れしちゃったのかもしれませんなあ。我が国の人々は全てを一過性のイヴェント・祭りにしてしまいますからなあ。まあ、それでも始まればそれなりに盛り上がってそれが終わる頃には、渋谷の交差点に、頭の中がこんがらがったような人々が集うんでしょうけどね。

 閑話休題

 そうしてまた話は変わるのだが、僕は過日、池袋の東京芸術劇場で『酒と涙とジキルとハイド』という三谷幸喜氏が脚本と演出をした芝居公演を観てきたのであった。今回は再演だったのだが、初演を見逃していた僕はようやく、という感じでこの公演に足を運んだ。なるほど、評判の通り笑いの絶えない内容で出演する役者も皆大変に達者、大に満足して帰宅の途についたのだった。
 二〇〇二年あたりから三谷幸喜氏は、舞台では笑いの少ないものを志向していたように思えた(氏本人もそのように発言している)のだが、この作品の初演(二〇一四年)あたりから笑いに回帰したようだ(って、公演パンフレットにも書いてあったしネ)。
 しかし僕の拙い鑑賞眼には、確かに笑いには回帰しているが、以前とはその質が変わっているように見える。九〇年代の氏の作品は、脚本の力が大変に強かったように思う。隙のない、綿密に過ぎるくらいの脚本だったように思う。しかし今回の作品、それから今年の春先に観た『江戸は燃えているか』にしても、そこまでの綿密な印象は受けなかった。脚本の力で笑わせる場面よりも、くだらなさ・馬鹿馬鹿しさで笑わせる場面が増えたように感じた。また、以前の作品であればきまって、泣かせの場面というかキャラクターが真面目に心情を吐露する静かな場面が終盤にあったのだが、そうしたものが無くなり、笑いのみで完走するようになった。不図、この変化は三谷氏の中で、脚本家としての要素よりも、演出家としての要素の方が強くなったことで起こったのかもしれない、と思った。
 まあ小賢しい考えは兎も角、とにかく、三谷氏が笑いに帰ってきたというのは、笑いが好きな僕にとっては諸手を挙げて歓迎することであり、また、一人の作家の変貌変遷をこうして追えるというのは全く楽しいことだ、と思った一夜でござんした。

 閑話休題

 あのー、ほら、よく「〇〇も変わった。昔の方がずっと面白かった」みたいなことを簡単に云う人ってあるけれども、ああいう人たちってのは、単純に作家の方だけが変わったと思ってるのかしらん。鑑賞者たる自分の感覚が変わったのかも、っていう疑問は抱かないのかしらん。だいたい、物の見方が変わらない奴なんて、基本的に面白くない奴だと思うんだがなあ。だってそれは感性が動かないってことだから。

 閑話休題

 ではそんなことでお後がよろしいようで。こうやって他の五球団が連勝連敗を繰り返しているうちにそれをしないカープがいつの間にかぶっちぎっているという去年一昨年と変わらぬセリーグの展開。





タグ:weblog
posted by みやかけお at 08:37 | TrackBack(0) | 日記

2018年05月23日

天下の憂いに遅れて憂う

 アメフトのことはてんで詳しくないからその実際のところはわからないのだけれど、やはり日大のプレースタイルというのは以前から批判されていたりしたんだろうか。昔のプロ野球でいうところの東尾の投球スタイル的な、あいつはわざとぶつけるからなあ。みたいな感じで、日大は無茶な攻撃を仕掛けてくるから気をつけろ、的な認識が業界内に浸透していたのだろうか。なんて、アメフトのルールすら知らない僕がいまいい加減に思いました。わからないのに訳のわからないことを云ってごめんなさい。アメフトの話をするのに東尾の話とか引き合いに出してごめんなさい。自分でもなんでこうなったのかわかりません。ピンクのネクタイ締めて謝罪します。

 閑話休題

 その後、東尾もやがて大ヴェテランとなって力が落ちてくる頃になると、その投球スタイルが通用しなくなったのだろう、近鉄バファローズのデービスという、のちに大麻不法所持で逮捕・国外退去処分される好打者にデッドボールをぶつけた際、乱闘騒ぎとなりぶん殴られて以降、危険な投球はすっかり影を潜め、いまでは石田純一の義父になっているのだから世の中はわからない。トンビがくるりと輪を描いた。

 閑話休題

 しかし日大のピンクネクタイの監督さんにしてみれば「あんな風に誰が見たって反則のタイミングでタックルに行く馬鹿があるか。もっとわからないように相手を壊せやこの下手くそが」ぐらいの無体なことを思っているのだろうと僕は想像します。


 閑話休題

 何れにしても、スポーツ界も真に転換期にあるのだなあ、と思う。旧日本軍的な無理な縦社会や特攻精神、みたいな非合理なものは完全に通用しない時代になったのでしょうな。これだけ海外のトップレベルのプレーや世界規模の大会が我々日本人の目に飛び込んでくる時代になると、もう我が国独自のローカリズムは通用しませんわな。合理的に科学的にやらねばならんのでしょう。
 現に、そういう時代が到来し始めてから世界で活躍する選手って明らかに増えたものね。昭和の時代なんて、世界の第一線で活躍するプロスポーツ選手といえば競輪の中野浩一選手とサッカーの奥寺康彦選手くらいのもので(しかもその情報は日本ではほとんど報じられない)、本当に世界が遠かった。
 くだんのピンクネクタイの監督を見ていると、そうしたローカリズム全盛時代の遺物、という気がしてなりませんわいな。想像するにあの監督さん、なんでこんなに怒られてるんだかよくわかってないんだろうなあ多分。

 閑話休題

 スポーツをスポーツ以上の価値ある何かである、とするような姿勢を、向後は観る側も改めて行かねばならんのではないかと思う。たといば高校野球なんてスポーツとしての野球が持っている価値とは別種の、宗教的とも思えるような何かになっちゃってるでしょう。
 普通の人々にとってスポーツは運動競技以上の何物でもないし、観客にとってプロスポーツは大衆娯楽に過ぎん。変にそれ以上の価値(我が国の場合そのほとんどは人間形成などの精神的な向上が謳われるようなモノになるネ)をつけるとやがてそこに権威がついて、いずれそこに関わるだけでなんだか無闇に偉くなったと勘違いして、結果、勝つためには相手選手を破壊しても構わぬと平気で思ったり実践したりするような、謝罪会見にピンクのネクタイで登場する監督みたいなのが出てくるんじゃないのかしらん。

 閑話休題

 しかしあれですね、初動を間違うと、問題ってこんなにまで大きくなってしまうのだなあ、という思いで連日の報道を眺めておりましたよ。ゲームの場で収めておけばここまで問題は大きくならず、精々、アメフト業界の中の出来事で済んだだろうにねぇ。アメフトファンや関係者の皆さんには失礼な物云いになるが、我が国ではそこまで浸透しているスポーツじゃないから、ここまでの話題にはならなかっただろうしね。
 いずれにしても向後は、犯罪ものの映画やドラマなんかで「初動を誤ると云々」ってな台詞やシーンを観た時に、この話題のことを思い出すようになるだろうね。

 閑話休題

 話は変わるが、世の中の話題についてここで何か云うとき、自分はとんでもなく馬鹿なことを云っているなあ、という自覚は常々持っているのだけれど、専門家でもなんでもない自分のような人間が賤しくも人前に意見を提出しようとするのだから、やはり専門家には云えないようなことを云いたい、という思いの顕れがここに書き散らしている事なのだけれど、うーん、どうなんだろうなあ、これはやはり全然意味のない事なのかなあ。人の云わない事を云って面白いと思われればそれがいちばんいいと思うのだがなあ。ネットで名もなき市民、持たざる人がモノを云う醍醐味ってそのあたりだと思っているのだけれどなあ。共感されたいとか思わないで、むしろそこを避けて何かを云った方が面白いと思うんだがなあ。

 閑話休題

 しかしこれがいまから十二、三年前だったら今頃、ピンクネクタイの監督さんをネタにしたFLASHアニメやゲームがたくさん作られていた事でしょうなあ。それだけあの頃のネットがまだまだアングラだったという事ですわいな。

 閑話休題

 ではそんな事でお後がよろしいようで。近所を自転車で走っていたらカップルが歩道でチューしていたのでちらと見たらランドセル背負った小学生でびっくりした。俺なぞ初めて女性とチューしたのなんて二十歳を疾うに過ぎた頃だったぜよちくしょう。
タグ:weblog
posted by みやかけお at 19:55 | TrackBack(0) | 日記

2018年05月18日

すべて時代のせいにして

 その当時、自分が年端も行かない小供だったことを割り引いても、七十年代後半のテレビというのはまだ夢の国だったように思う。我々庶民の住む世界とは隔絶された世界、多少大袈裟な物云いをすれば、ブラウン管を通じて天上界を覗くような感覚で、仰ぎ見るようにしてテレビを観ていたと記憶している。
 そんな天上界の中でもひときわ大きく輝いていた星々、スター、その一つが西城秀樹だったと思う。
 八十年代の十年間でテレビという天上界はすっかり下界に降りてしまい、庶民の住む世界と陸続きになった。じねん、天上界に住まう人だった西城秀樹をはじめとする数々のスターは時代の向こうに追いやられた。それでも天上界に住んでいた人々が持つオーラは、たとい時代が変わっても消えることはなかった。彼ら、かつて天上界にいたスターを見るたびに、かつてそういう世界があったこと、それを仰ぎ見ていた記憶が蘇った。
 巨きな星がひとつ消えて、あの頃といまの自分を繋ぐ懸け橋がひとつなくなった。やがて全ての星が消え、あの頃の世界が、自分の記憶の中にだけ存在するものになるんだろう。最後はその自分すらも消えて、かつてテレビを観ることは恰も天上界を覗くが如き素晴らしいものであった、と誰かが文字に書き残す唯の”歴史”に変わる。

 閑話休題

 あれは小学二年生の頃だったと記憶するけれども、テレビだったかラジオだったかは忘れたが不図、聞こえてきた『ブルースカイブルー 』を聴いたら一発で参ってしまい、歌詞の意味は解らないながらもしばらくの間、登下校の際に頭の中で曲を再生しながら歩いていたものだったなあ。ラジカセすら持っていなかったから頼りは自分の記憶のみ、まして小学二年生の脳味噌だから曲を完璧に憶えることなど出来よう筈もない。だから、頭の中で勝手に曲を編集してしまっていた(後年、小遣いでレコードを買ってようやく頭の中で編集していることに気づいた)のだけれど、それでも頭の中で絶唱すれば気分は高揚、そうして雲ひとつない青空を眺め「ブルースカイブルー」という曲名から受ける、言葉が二度塗りされたような語感にそこはかとない可笑しみを覚えつつ登下校していたことを思い出す。あー、できたらあの頃に戻りたいネ。

 閑話休題

 そうはいっても僕は八十年代に、テレビの世界なんて嘘っぱちだ、とばかりにそれを破壊しまくったビートたけし師の存在と行動に快哉をあげ、影響を受けまくったのだけどね。これは別にたけし師が元凶、みたいなことではなくって、それが時代ということなんだろうと思う。時代が天上界の存在を許さなくなっていたのだと思う。そこにたけし師という、次の時代を背負える才能がたまたまいた、ということなのだと思う。そういう存在が時代の寵児、ということなんだろう。時代ってのは知らん顔して変わっていってしまうものだからね。

 閑話休題

 時代の寵児、と思ったり書いたり云ったりするたんびに、レツゴー寵児、と云いたくなる衝動を抑えるのに苦労する。まあ、時代の寵児、なんて言葉ぁ滅多に使いませんがね。

 閑話休題

 やはり時代が変わったな、と思うことは他の世界でもやはりあって、たといば、いまから十年前のホリエモン氏や三木谷氏のような感じで世の中に出てくるIT関連の人、というのはもう現れないと思う。あれはあの時代だったからこそ、ああいう「新奇な人種」みたいな形で世の中に出てくることができたのだと思う。これが当節のように、プロ野球十二球団のうち1/4に当たる三球団をIT企業が保有する時代、つまりはITの存在が当たり前の時代にあっては、ああいう形で世の中に登場することはないだろう。
 その代わり、広く世間に浸透した当節のIT長者は、剛力彩芽や石原さとみを平気で掻っ攫ってゆくようになった。そこまでのレベルで世の中にITとそれを主導する人間の存在が浸透した、そういう時代に変わったということだ。

 閑話休題

 プロレスもそうだったよな。吾輩が餓鬼の時分のプロレスの世界って、恰も、鬼たちの棲家のように思って観ていたものな。下手に近寄ったら殺されるぐらいの感覚で観ていたよなあ。それがストロングスタイルということだったんだろうなあ多分。

 閑話休題

 話は変わるがやっぱり言葉ってのは、広く流布・浸透してしまうとその持つ力が弱まってゆくよね。一年くらい前から、無駄にメンタルが強いような人が「はは。私のツイートが炎上してる」なんつって、自分が発した品性の下劣なつぶやきに続々と反論が寄せられているのを、どこか嬉しそうに眺めている、みたいな状況を目にすることが増えたように思う。もうこうなると炎上、という言葉が本来持っていた、只事ではない様子、の意味合いは霧消してしまう。
 斯くの如く、感性の鈍い人がみんなが使っていて面白そうだからというだけで言葉を濫用すると、あっという間にその言葉の命脈は尽きてしまうよね。

 閑話休題
 
 ではそんなことでお後がよろしいようで。他所様のことながら、タイガースはどうして掛布雅之より金本監督を選んだのかねぇ。
タグ:weblog
posted by みやかけお at 19:19 | TrackBack(0) | 日記