2018年07月13日

人を呪わば穴二つ

 文芸家たらんとする中学生は、須らく数学を学ぶ事勤勉なるべし。然らずんばその頭脳常に理路を辿る事迂にして、到底一人前の文芸家にならざるものと覚悟せよ。

 閑話休題

 ということをかの芥川龍之介大人は仰っておるのですが、流石だなあ、なるほどそうだよなあ。作劇というのは論理以外の何物でもないよなあ、足し算引き算以外の何物でもないよなあ、と思いますです。
 しつこいようで恐縮ですが『半分、青い』のあらゆる面での論理破綻を見ているとそんな気にさせられます。ご都合主義で人を出し入れするというのは本当にダメですね。行動にはやはり理由と理屈がないとダメですね。メインキャストの性格が破綻しているのも本当にダメですね。主人公の成長が何もないのもダメですね。発言もめちゃくちゃだし。登場人物だって物語世界の中で実際に生きている人間だということが全然表現できていなくてダメですね。他人を揶揄する酷い言葉を早いテンポで云えばコメディ場面になると思っているところもダメですね。
 然し乍ら、まるで作劇の”べからず集”を見ているようで逆に勉強になります。

 閑話休題

 そうは云っても同作品に出ている滝藤賢一氏や斎藤工氏や嶋田久作氏やキムラ緑子氏など手練れの皆さんが出ている場面では、その演技に見るべき部分が沢山あって、成る程、巧い役者さんというのは凄いものだなあ、と思わされます。逆に云えば、主人公が経験を積んだ女優さんであったなればもう少し観られる内容になっていたかもしれません。然し乍ら、現時点では実力よりも将来性の方が優っている永野芽郁ちゃんにはちょっときついですよね。ましてこの内容で五十代まで演じさせるのは可哀想以外の何物でもないよね。

 閑話休題

 考えてみれば、九十年代を席巻したトレンディ・ドラマというのは内容よりもキャスティングが重要視されていたと聞きます(キャストが決まってから内容が検討されると聞いたことがあります)。してみると、ほぼそのジャンルのみで一家を成した今作品の脚本家さんが作りそうなドラマ、という気も致します。なにがミートゥだ。
 そらあリアリティ皆無みたいな浮ついたセリフでも、美男美女を極めたような見目麗しさ、更に相応の技術を持った役者さんが演じれば、それは脚本のポテンシャルを大きく超えて成立しますものね。それがトレンディ・ドラマだったということなんでしょう。

 閑話休題

 そういや先頃も同番組の中で「出た! アラビア語に聞こえる岐阜弁!」というナレーションが入ったから、私ァてっきり作品の中で度々使われてきたルーティーンのギャグなのかと思ったら、アラビア語云々というのは初めて出たフレーズなんだそうで、いやはやびっくらこきましたよ。
 まず岐阜弁がアラビア語に似てる、というイメージが世の中に浸透していませんし、またそうした方言を「アラビア語に似ている」というギャグとして使うための仕込みもしていないというのですからまじ驚きです。いやはや、勉強になるわあ。

 閑話休題
 
 いやいや、どうもすみませんでした。もう『半分、青い』については書きませんので平にご容赦を。何かに対する罵倒なんて、書いている・云っている当人は面白くっても、読む方・聞く方は、不愉快になるばかりで、てんで面白くありませんものね。重ねてどうもすみませんでした。でもあれですよ、御用とお急ぎでなければ、いちど、ご覧になられるといいと思いますよ。理論の欠落したドラマの進行というのはなんと歯がゆいものか、と思うこと請け合いですから。こないだのあれどうなったんだよ! 自分が働く店に客として来た弟を忙しいからってすぐにレジ打ちなんかやらせる阿呆がいるかよここは無法地帯か! みたいな苛立ちを、ネ。

 閑話休題

 ではそんなことでお後がよろしいようで。人を呪わば穴二つ。肝に命じて生きてゆきたいですね。

タグ:weblog
posted by みやかけお at 17:32 | TrackBack(0) | 日記

2018年07月08日

笑えるうちが花

 あれは九十年代初頭だったか、新宿駅西口の、小田急百貨店と小田急ハルクをつなぐ陸橋の下、雨のかからないところで、オウム真理教の信者の人たちが踊っているのを見たことがあったっけ。踊っていた皆さんが揃って『宇宙戦艦ヤマト』の乗組員みたいな装束を身に纏ってくるくる舞っていたっけ。確かオウム真理教って書いてある立て看板みたいなのを脇に置いていたような記憶がある。まだあの頃は、変わった集団があるなあ、ぐらいの認識だったんだよなあ。

 閑話休題

 いま調べたらあれは平成四年、一九九二年、大川興業が当時得意にしていた時事ネタアカペラ『ウィーン伝道こけし合唱団』のライブを日本青年館に観に行った時にも、オウム真理教のネタをやっていたっけ。
 仮面ライダーのメロディーに乗せて”せまるー ショッコー オウムのぐーんだーん”、”ショーコー ジャンプ!(浮いたぞ!、の合いの手) ショーコー キーック! あーさはらしょーこー あーさはらしょーこー 義太夫ー 蛾次郎ー” なんてメンバーがアカペラで歌唱した後、麻原彰晃氏の扮装をしたグレート義太夫氏が舞台にせり上がってきたんだよなあ。笑ったなあ。そうしてその後、江頭2:50氏を始めとする大川興業のメンバーが、いわゆるところの空中浮遊をやりながら舞台の上で競馬さながらの競争をする、みたいなパートの構成だったと記憶している。
 ほんと、まだあの頃はみんな結構面白がっていたんだよなあ。

 閑話休題

 ごく私的に、九十年代を通して最高に面白かったバラエティ番組と思っている『浅草橋ヤング洋品店』の中で、一つの到達点となった企画『江頭グランブルー』も、いわゆるところの水中クンバカだものねぇ。
 しかしあの『江頭グランブルー』は素晴らしかったよなあ。コーナーの大団円では爆笑と感泣が同時に到来するという、あり得るはずのない状況が視聴者に訪れたんだよ。腹をよじって爆笑しながら深い感激に大泣きして観ていた。

 閑話休題

 そうそう、オウム真理教の兇悪が明らかとなった後、オウム真理教がそれ以前に起こした坂本弁護士一家殺害事件について、TBSが坂本弁護士に対して行ったインタビューを、放送前にオウム側に見せてしまったことが事件の引鉄となった、ということがあった。それが明らかになった時、看板番組の『ニュース23』で、アンカーマンだった筑紫哲也氏が「報道のTBSは死にました」てなことを同番組内で云い、それ以降、TBSはいわゆるワイドショウを全て廃止して『はなまるマーケット』なんかの生活情報番組を始めたんだよな。それから数年が経ち、TBSが再び昼間のワイドショウを始めた時には、おいおいいいのかよ、と思った憶えがある。というか、いまでもたまに、おいおいいいのかよ、って思う時がある。

 閑話休題

 まああれですよ、始まりはそんなに悪逆無道な集団に見えなかっただけに、あそこまで行っちゃうのか、って、余計に恐ろしい印象だったよね。しかしあの頃の上祐ギャルとかって今頃どうしてんのかねぇ。

 閑話休題

 話はまじで変わりますが、いやあ、あんまりすごかったんでつい『半分、青い』をBSで一週間分、続けて見たのですが、いやあ、これはまじすごい。キャラクターの造形からセリフからストーリーの運びから、いやもうとにかく何もかもいい加減で雑で上調子な感じがして、いやあ、すごい。人の配置や動きもいわゆる御都合主義を平気でやっているし。これはもう反面教師というレベルを遥かに超えていて、まじすごい。ドラマ全体に、脚本家さんの「こういうスイッチを押せば見る人は感動するんだよね?」的な、観る人を完全に舐めている感じが横溢していて、ほんとすごい。コメディチックな場面でもその感覚は遺憾無く発揮されていて「顔がでかいからモアイ像と呼ぶ」的な幼稚なレベルで全ての笑いが作られていて、いやあ、まじすごい。これを朝ドラの枠で放送しているのは一つの奇跡だと思う。いやあすごい。多分、脚本家さんは作っていてすごく楽しいんだろうと思う。

 閑話休題

 永野芽郁ちゃん、可愛らしくって無垢な感じがあっていずれ素敵な女優さんになりそうだから、今回の、ものすごい朝ドラに主演したことで、女優として不必要な遠回りをさせられなければいいよなあ、と思う。『純と愛』に主演した夏菜嬢が不必要な遠回りを未だにさせられているのと同じことにならなければいいと芯から思う。

 閑話休題

 お相撲だとか高校野球の為に『カーネーション』の再放送が今月三十日までないというから残念で、そういうわけだからKindle unlimitedで見つけた同作品のノベライズを読み始めた。ドラマの場面を忠実に追い、放送の中で印象的だった台詞を絶妙に配置してあるから、読んでいて場面が脳内で明瞭に再生されて面白い。
 そうして不図、ああ、そうか。江戸や明治の頃、歌舞伎の戯曲がよく売れていたというのはこういうことなのだろうなあ、と思った。ヴィデオもレコードもない時代、観劇した芝居を再度観劇する以外で、もう一度見直す方法がこれしかなかったんだろう、と思った。確かに、一度観た芝居や映画やドラマの戯曲やシナリオ本を読んでいると、その場面がパッと頭に再生されるものね。

 閑話休題

 話は再び変わりますが、借金がために馘首になった千葉ロッテマリーンズの大嶺翔太元選手や、やはり借金に困り、同僚の有名選手が使用する用具を多数盗んで売り飛ばしたことが発覚してこれまた馘首になった読売巨人軍の柿沢元選手などの話題を聞き及ぶにつけ、うーん、プロ野球というジャンル自体が下り坂にあるんだろうなあ、という思いがどうしてもしてしまいますな。なんというか、下り坂なところには下り坂に向かいやすい人が集まって来ちゃうんだよねぇ。

 閑話休題

 ではそんなことでお後がよろしいようで。皆さん、どうかご無事で。



タグ:weblog
posted by みやかけお at 09:52 | TrackBack(0) | 日記

2018年07月04日

虎は死して皮を残し人は死して名を残す

 歌丸師が亡くなったという報せがワールドカップのそれにも負けないくらいの大きな話題になったのは落語ファンの一人としては安堵するところ。昭和の大名人の一人であった三遊亭圓生師が死んだ時には、同じ日に上野動物園のパンダが死に、それが為に「圓生も」といった塩梅で報道されるに至った、とまあこれは笑い話でもあるのだけれど。
 しかし数多の報道や人々の感想を閲するにつけ、あまりこれはよろしくないなあ、と思うのは、常に「笑点の」という枕詞やイメージがつくことで、自分なぞはつい『笑点』というか大喜利というのはあくまで落語家がやる余興であって落語とイコールではないのですよ、それのみを以って歌丸師のことを評価・判断してはダメなんじゃねぇんですかぃ。と思ってしまうのでありんす。だから『笑点』での姿は、あくまで師の持つ魅力面白さの一面でしかない、と思っておかないとダメなんでないの。ということなのでありんす。更に云えばあれらは基本的に『笑点』用のキャラクターであるしね。
 とにかく『笑点』を以って、落語とはこういうもの、落語家とはこういうもの、と単簡に思ってしまうのはひどく危険ですよ、と自分なぞは思うのでありんす。

 閑話休題

 しかし『笑点』の偉大は、世の中に落語という芸能があり、落語家という職業があるということを大衆に知らしめ続けていることにあるとも思う。もしもあの番組がなかったら、落語の大衆への浸透の度合いは随分と低くなっていたように思う。
 斯く申す自分とて、小供の時分に当たり前のように『笑点』を観ていたから、長ずるに従い落語を聴き込むようになる素地が、覚えず知れずのうちに出来上がっていたと思う。
 まああれですよ、歌丸師が亡くなったのは残念だけれど、これもいい機会だと思って落語を聴いてみるのもいいかも知れませんよ。当節、YouTubeでちょいと探せばいくらでも聴けるんだから。それもロハで。

 閑話休題

 しかしあれですよ、私らなんかの世代からすると歌丸師の喧嘩相手といえば真っ先に思い浮かぶのはやはり三遊亭小円遊師ですな。ハゲ対お化けの抗争でしたっけね。翻って当代円楽師は、小円遊師亡き後に現れた気鋭の若手落語家・楽太郎との印象が強く、歌丸師との抗争が始まった頃は、どこか世代闘争的に見ていたものですよ。プロレスで云えば鶴田対天龍と鶴田対三沢の違い的な、って、どうです、引き合いに出す話の方がポピュラリティがないというこの例え下手のほどは。

 閑話休題

 正直なところ、追いかけてまで聴いた落語家ではなかったから、語るに相応しいだけの思い入れや記憶はないのだけれど、それでも観るたびに聴くたびに、世の中を怜悧冷徹に観ている目を、軽妙洒脱でコーティングして隠しているような様子が感じられて、落語家らしい、ってこういうことだよなあ、と思って観ていたものです。餓鬼の時分『化粧術』を『花王名人劇場』だったかな、観て随分笑ったっけね。なんとなく敬遠していた圓朝作品も聴いてみようか。いい機会だしネ。

 閑話休題

 しかしほんと、当たり前のように観ていた人たちがどんどんいなくなるなあ。そういや自分がぐんぐんに落語を聴き始めた餓鬼の頃、親世代の連中に「君は落語が好きなのか。俺は志ん生や文楽を生で見てるけど、君は間に合ってないから可哀相だね」と自慢されて大変に悔しかったものだけれど、いまや自分の方が「君、落語が好きなの。俺はね、談志や志ん朝、円鏡の円蔵を生で聴いてるよ」なんて自慢げに思ったり云ったりするようになってしまっていてまじ老害。

 閑話休題

 話はまじで変わるが、昨日、出来心で初めてまともに『半分、青い』を見てしまったのだが、うわあ、主人公が譫言で「本物の刀で切られてどくどくと血が出た」といったような心情の吐露を、ナレーションならまだしも、譫言とはいえ普通に台詞として云っていて、見ていて恥ずかしくて死にそうになった。私は悲しいです辛いです衝撃を受けました、って直裁に説明してどうすんだ。
 さらには中村雅俊氏演ずる主人公の祖父が、自分の未来に絶望している主人公と電話で話している際、主人公に請われてギターを抱えて『あの素晴らしい愛をもう一度』を電話口で歌唱するという、かっこいいことはなんてかっこ悪いんだろう、的な場面があって、こりはだみだ、と感情を余所に遣り、ドラマ世界から一目散に逃走した。
 あの祖父が中村雅俊氏じゃなくって泉谷しげる氏やなぎら健壱氏が演じてるっていうんならまだドラマにもなるだろうけど、かっこいい人がかっこいいことをやるなんて当たり前のことじゃんか。そもそも我輩ら団塊ジュニアの祖父母の年代の人間がギター掻き鳴らして「あの素晴らしい愛を思う一度」なんか歌わねぇよ。ドラマの嘘としても到底通用しない。

 閑話休題

 そうして夜になって録画した『カーネーション』を観て、今日も今日とて素晴らしい内容に大いに感心し、心を安寧させたのであった。浮気していた勝さんを終戦とともに許し、新時代の到来で知己の八重子さんにパーマ屋をやらせることで、糸子自らがパーマをあてて女っぷりが上がるようにもって行き、そこに新たな恋の対象となる周防を登場させるというプロットの妙。まったくもって自然な流れ。物語を運んでゆく手際の良さといったらない。そうしてまた、視聴者に状況を理解させるためだけにしかないリアリティの欠落した台詞なんて一切ないしね。

 閑話休題

 ではそんなことでお後がよろしいようで。うーん、今年は勝負所で投手が抑えられない展開が続くなあ。それとラミレス監督、采配の自家中毒に陥ってないといいんだけど。まあ井納を先発に戻した判断などを見るとそうでもないんだろうけど、ちょっと意固地になってるかな、と感じる時がある。

タグ:weblog
posted by みやかけお at 09:26 | TrackBack(0) | 日記