2018年11月12日

襤褸は着てても心の高等遊民

 お元気ですか。僕はそこそこ元気ですが根本的に元気ではありません。無理をしています。嘘です。僕が無理をしているとすればそれは生きることそのものについて無理をしていると云えましょう。「言」という文字が僕は嫌いだ。ゲジゲジみたいでなんか嫌だ。上から二番目の横棒がちょっと長いのもこの文字を考えた奴の「意匠に凝ってみました」みたいな感じがしてなんかむかつく。たった一文字がところ使うだけでゲシュタルト崩壊を起こすような気がする。だから成る可く「云」という文字を使うことにしている。人はそれをこだわりと呼ぶのだろうがいやいや、こんなものはこだわりでもなんでもない。生理的に無理。という、若い女性がキモいメンズを一刀両断する時の便利な言葉と同じことで生理的に無理。まじキモい。しかし僕とて現代に生きる人間だから「言」と言う文字が世の中で平気に使われていることに対しては生理的に無理な感じは何らない。全然平気。書籍でもネット記事でも、たとい「言」が使われていても平気にガンガンに読む。だからなんだと言われるとやはり困る。困る。って、うわあああああああああっ。「言」を使ってしまった。もう生理的に無理。無理。生理が無理。生理も無理。生理だから今日は無理と云われ残念に思った若かったあの日。生理生理と繰り返し書くうちに精神がゲシュタルト崩壊を起こす。言言言言言言言言言言言言言言言言言言言言言。起こした。ゲシュタルト崩壊を起こした。俺を殺すにゃ刃物は要らぬ「言」を並べりゃそれでいい。なーんてなことを思っているうちに今日も日が暮れていく。なにもしないままに一日が暮れていく。「言」「云」のことばかり思って日が暮れる。秋の日は釣瓶落とし。秋の日は岩石落とし。釣瓶取られて貰い水。お水をください。僕にお水をください。この文章のゴールと同じくらい今の僕にはお水が必要なのです。お水。お水と云ってもそれは水原弘ではありません。はー。くっさめ。精神がゲシュタルト崩壊したからもう何も考えられない。生理的に無理。

 閑話休題

 相変わらずRPGツクールをいじっている。シナリオの打ち込みは終わったがBGMの付け方、タイミングでどうしたものかと困っている。なにしろゲームを作るツールで舞台劇みたいなのを拵えているからどうも収まりが悪い。まあ何とかなるだろうけど。まあのんびりやろう。皆さんものんびり生きてよ。

 閑話休題

 彼の国の人々のみならず我が国の人々の中にも、一度こちらが謝るとそれに味を占めて同じ事柄についていつまでも謝れと云い募る、乃至は他の件についても譲ることを要求してくる人というのはやはりあって、そういう手合いとは成る可く付き合わないのがいいと思うのだが、残念なことにそういう手合いというのは、物心両面に関わらずこいつぁたかれる相手だ、と思うと際限なくたかろうとして寄ってくるからまじ迷惑ですね。付き合うのやめちゃえばいいんだけど浮世の義理というのがあってなかなかそうもいかない。

 閑話休題

 しかしあの侍ジャパンっていうのはなんとかならんのかね。MLBのオールスターの方がどう見たって格好いいじゃん自由な感じ、エンターテインメントの感じがして。オリンピックに向けて印象を強くしたいんだろうけど、どう考えてもNPBオールスターで対戦した方が断然格好いいよ。侍ジャパンってアマチュアリズムの感じが色濃く横溢してして観ていて全然面白くない。というかMLBのオールスターを呼んで侍ジャパンで対戦してるなんて観ていて恥ずかしくなる。
 プロこそ遊びの要素、エンターテインメントの要素、芸の要素がなくっちゃあ全然つまらない。それがなかったらプロとしての存在価値がないとすら思うよ。

 閑話休題

 だいたい今の日本人の大半は野球なんか相手にしてないだろうよ。

 閑話休題

 あとあれ、日米野球になると決まってグラウンドレベルに近い良席にダークなスーツを着込んだ人たち、如何にも何某かの関係性から良席に座っている人たちが陣取るのも凄く嫌だ。実際に日米野球を観に行くと方々で名刺交換をしている姿が見られて凄く嫌だ。観客席が野球のことが好きな人で満たされないのが凄く嫌だ。

 閑話休題

 そういやアジアシリーズってやめちゃったのかね。台湾あたり、いっそNPBのリーグ戦に入れちゃえばいいのにね。ずーっと最下位でも入れてるうちに強くなるよきっと。橋渡しをするには最適な王選手が元気なうちになんとかしないかね。

 閑話休題

 観るのはもう四度目くらいになるのだが嘗ての名作テレビドラマ『淋しいのはお前だけじゃない』を全話観た。素晴らしいドラマに共通する要素だが、何度観ても初めて観たときと同じように感情が揺すぶられる。そうして観るたびに新しい発見がある。
 このドラマ、数ある西田敏行主演のものの中では最高と思う。この時の西田敏行氏が僕は一番好きだ。森繁的な変幻自在が存分に楽しめる。そうしてまた、西田敏行氏の妻を演じる泉ピン子氏にまで泣かされるのだからもう困ってしまう。
 それはまあ今の目で見れば物語の展開に、強引に過ぎるところ、完全に解決した感じがしないところなど感じられるのだが、それははっきり云って些細なこと。それよりもこのドラマを範として三谷幸喜氏やクドカン氏がその上に積み重ねることで今のテレビドラマが形作られてきた、ぐらいな、現代のテレビドラマの礎となるような名作であり、ここからテレビドラマの新たな歴史が始まった、ぐらいの大袈裟を云いたくなるほどの素晴らしいドラマ。機会があったらぜひ観るといいと僕は思う。

 閑話休題

 しかしあれだねぇ、随分前に芸能界を引退した橋本奈々未なんて、今頃は一般人として普通に誰かと付き合ったりしてるんだろうねぇ。これだけアイドルが増えてくると、彼女のように自らの意思で芸能界を引退してゆく女性も増えてゆくわけで、そうした人たちのその後の人生を思うとどうにも変な心持ちになる。これが昔の売れないアイドルみたいに夢破れて芸能界を去って行くのであれば、その後、一般人として生活して行くことになんらの違和感も覚えないのだけど、まだまだ芸能人として活躍する余地があるのに自らの意思で辞め、一般人の中に入って生活していることにすごく違和感を覚える。普通に生活していて周囲から浮いちゃわないのかな、と思う。
 まあそんな風に考えるのも、僕が芸能界を特別な世界、堅気・世方が住まう世界とは一線を画した場所であると認識しているからなんだろう。売れているのに自らの意思で辞めて一般人として生きていくアイドルというのは、芸能界をそれほど特別な世界だと思っていないんだろう。又、観る側にしてもいまの若い人などは芸能人もTikTokの人気者も同じようなものだと思って見ているんだろう。

 閑話休題

 そういう感じで辞めていった一番最初はやっぱりおニャン子のなかじになるのかな。『じゃあね』っていい曲だと思うよ。

 閑話休題

 ではそんなことでお後がよろしいようで。いや僕はむしろAIに支配されたいね。
タグ:weblog
posted by みやかけお at 16:34 | TrackBack(0) | 日記

2018年11月07日

裏が表か表が裏か。

 RPGツクールMVの使い方がなんとなくわかってきた。しかしながらゲームを作るツールでゲームではないものを作っているからどうも収まりが悪いような気もする。まあなんでもいいか。面白いのができるといいな。絵も描けないし音楽も作れないし文才もないからまあこういうことをやるしかない。ネットを題材にした作品はこれがひと段落したらやるつもりだが根が怠け者だからどうなるかわからない。まあ好きでやってることだからまあのんびりやるよ。皆さんも是非のんびり生きてください。

 閑話休題。

 なんですか来年の今頃には消費税がぐんぐんに上がるということで今から慄然としている。さらに聞けば我が国のお上の皆さんは消費税を上げることによる景気の冷え込みを避けるために、なんのポイントだかよくわからないポイントをくれたり、商品券を配ったりしたらどうか。なんてなことを発案し喧々諤々の議論をしているという。
 私は思う。あのさあ、ポイントを余計にくれるとか商品券をくれるとかって、感覚が近所の商店街のレベルだよなあ。この人たち、本当に国家百年の計とかを考えて政に当たっているのか知らん。と、割と真剣に思ってしまうのでありますよ。真面目にやれ真面目に。

 閑話休題

 あのほれ、子供みたいな顔をした青森の市会議員だかなんかが、いわゆる裏垢で人非人めいた発言をしていた廉で世の中から鋒鋩打たれていたけど、私みたいなインターネット敬老会の人間からすると、ネット上の人格や存在そのものが、リアル世界での自分とは異なる裏面なんじゃねぇかな。と思うのだけれども、今や世の中はブロガーが職業として認められライバーが専業で喰っていけるような時代なのであって、ネット上の人格や存在そのものが裏面、なんて云っているのはやはり相当な時代遅れなんだろうなあ、とも思う。まあ私なぞはもう人間がレガシーになってしまっていますがね。はは。

 閑話休題

 そういや野村克也が「時代と年齢には絶対勝てない」と云っていたけど、いやほんと、その通り。

 閑話休題

 Netflixで観た『殺人者への道』シーズン2、本当に面白いからみんな観たほうがいいと思う。これを観るためだけにNetflixに入ってもいいくらいだよ。

 閑話休題

 やっぱりMacはminiに限るなあ。iMacやMacBookはもう向こう側に行ってしまった感じ。

 閑話休題

 いまから十五年くらい前はApple製品を選ぶ人というのはとりあえず人と同じなのは嫌だ、という人が選んでいたと思うけれども、いまではとりあえずみんなが持ってるものを選ぶ、という人がApple製品を選択しているような気がする。いまiPhone以外のスマホを選ぼうとしたら相当に調べないといけないし、パソコンにしても同様だ。まあもう「Think different」のコマーシャルから二十年以上が経ってるし、しょうがねぇね。

 閑話休題

 でもはっきり云っていまのiPhoneはファーウェイなど中華スマホが提示したものをAppleの文脈に合わせて高級なものに仕立て直してるだけだよなあ。時代をひっくり返すというか、生活の一部を確実に変えてしまうような存在ではもうないよなあ。Apple IIやMacやiPodや最初のiPhoneはそうだった。
 現状、グーグルやアマゾンの方が断然、違う世界を見せてくれそうな感じがして面白い。

 閑話休題

 ではそんなことでお後がよろしいようで。だんだんキャラクターに愛着が湧いてきた。面白いセリフもちょっと出てくるようになった。キャラクターが勝手に喋る感覚まではまだ到達しない。



タグ:weblog
posted by みやかけお at 17:38 | TrackBack(0) | 日記

2018年10月29日

ビハインド・ザ・ビート

 まあなんていうかあれですよ、どんなジャンルに於いても、ハロウィンの晩に渋谷の街頭に集まり軽トラをひっくり返して喜んでいるような連中が分け入り、はしゃぎ始めた瞬間に、そのジャンルというかムーヴメントはあっという間につまらなくなるね。あの種類の人間どもの跋扈は、そのジャンル、ムーヴメントのほんとうに面白い時期が終焉を迎えたことの象徴。

 閑話休題

 たといば気温気候のみから判断すれば冬本番というのは、私が住まう関東圏に於いていえば、十二月の末ごろから二月いっぱいと云ったところになりましょうが、太陽のムーヴからすると冬至と云って一番日が短くなるのは十二月の二十三日前後で、これ以降は日に日に日が長くなってゆく。気候からすれば冬はこれから本番を迎えるというのに、太陽のムーヴは既に冬の終焉に向かって動き始めている。これは夏に於いても同様で夏本番といえば七月以降ということになろうけれども、やはり太陽のムーヴから見ればそのピークである夏至は六月二十日前後。夏もこれからピークを迎えるというのに太陽のムーヴはもはや冬に向けて動き始めている。
 僕はここに物事の盛衰・流行の実際・本質というものがあると思っている。ある流行が人々の目にピークと映る時、その時にはもう退潮が始まっているのだと僕は思う。その流行となった事象が一番面白いのは冬至や夏至に相当する時期、つまりは多くの人々がこれは面白いと完全には気づかない時期にあるのだと僕は思う。だから流行に乗っている人、話題となり既に大勢の人が集まっているようなところへやって来る人というのは、基本的に遅れている人、感性が少しく鈍い人なのだと僕は思っている。
 いま渋谷に集まりハロウィンを楽しむパリピの人々というのはみんな感性が鈍く本質的には遅れている人なのだと思っている。そうして大概、遅れてくる連中のというのは一番でかい顔をして騒ぎ立てる。

 閑話休題

 ははは。最初に投稿した際、冬至を十一月と書いていて間抜けでした。さっき読み直して気が付いて十二月に直しましたよ。粗忽粗忽。

 閑話休題

 小林信彦大人が著した植木等氏の評伝の中にあったものと記憶するが「大衆は一拍遅れてやってくるが、見放す時は実に冷たい」という一文、それを読んで以来、そうなのかなあと思って世の中の流行や盛衰を眺めてきたが、全くもってその通り、というのが今のところの実感。

 閑話休題

 しかしどうだろうか、いま渋谷の街頭に集まり乱痴気騒ぎをしている行き過ぎた感じでハロウィンを楽しむパリピの皆さんと、かつて学生運動と称して安田講堂に立てこもり、ゲバ棒片手に神田駿河台にバリケードを築いたりして革命を気取って楽しんでいたかつての若者の皆さんたちとは、本質的に異なるものなんだろうか。祝祭というか非日常の空気に酔っているという点では変わりがないようにも見える。正義という錦の御旗がある分だけかつての若者たちの方がタチが悪いような気もする。あー、でもハロウィンのパリピ種も、ハロウィンだからマスコミがそう報じているからみんなやってるから、という錦の御旗を掲げているのか。

 閑話休題

 まあ比較するもんでもないか。いずれにせよ、どっちも一般ピーポーにとっては迷惑極まりない連中だ。

 閑話休題

 しかし当節の年寄りには碌なのがいない。
 過日、僕は近傍にある安物の回転寿しの店にランチをしに行った。開店早々の時刻だったから客はまばら。楽しいぼっち飯を後半生のテーマに掲げている僕は当然一人きり、お店の人に案内されるままカウンター席に着席した。まずは景気付け、タッチパネルでふた皿の寿しを発注し、箸を取ったり冷水を汲みにゆくなどして寿しを喰う態勢を整えた。待つこと数分、ピーピーとビープ音が鳴り、僕の頼んだ寿しがベルトコンベアーに乗ってやってくることが知れた。
 私の右手方向その遥か先に、私の注文した間八といくらの軍艦巻きがレーンに乗りその姿を表すのが見えた。待望してそれを眺めていたらどうだ、僕の三つ空けた右隣に座っていた老夫婦の夫の方が、僕の発注した寿しを平気で取り上げているではないか。奥方の方は夫の誤りに気付いたようで何事か声を掛けていたが夫の方は知らぬ存ぜぬを決め込み平気で食ってしまう。
 僕は覚えず「人の寿司食ってんじゃねぇよ」とひとりごちるように、それでいて聞えよがしと取れる声量で呟いたのだが老夫婦はあからさまに聞こえぬふりをする。仕方がないので僕はタッチパネルでお店の人を呼び出し「あそこの方が僕の注文した寿しを間違った取ってしまったようなので、間八といくらの軍艦をお願いします」と申し伝えた。老夫婦は相変わらず知らぬ存ぜぬを決め込んでいる。その様子はあからさまな軽犯罪を黙秘する駄目人間のそれ。
 無駄に歳ばかり食いやがってこのくそったれが。という苛立ちを抑えつつ僕は、店員が手持ちですぐさま運んできたふた皿の寿司を受け取りうまうまと食した。ひたすらに恐縮し幾たびも頭を下げるお店の人に、あなたの責任ではないから恐縮しなくて良い、という意味のことを満面の笑顔で云い、その後、気を取り直し平気な顔をして幾皿かの寿司を食い、金を払って店を後にしたのだった。老夫婦は最後まで私の方を見ようとはせず、どころか私に気付いていないふりを懸命に続けるという馬鹿丸出しの感じでカウンターに張り付いていた。しかし当節の年寄りには碌なのがいない。

 閑話休題

 やはりこれも連中、団塊の世代とかなんとかいって、人間の数が無闇に多いからこういう碌でもない年寄りが多くなるんだろう。比率の問題なんだろう。
 しかしそうして考えると、団塊の世代に次いで無闇に人数が多い団塊ジュニアと呼ばれる我々にも多分碌でもないのが多いんだろう。願わくば僕自身がその碌でもない連中の中に入っていないといいんだけど。

 閑話休題

 ではそんなことでお後がよろしいようで。まあ早ければ再来年にはベイスターズ三浦大輔監督の誕生ですよ。オバQが代理監督をやったのを覗くと、生え抜きが監督になるのは2004年までの山下大ちゃん以来になるのかな。この間に大魔神も谷繁も石井琢朗も、我がチームの監督・コーチになっていない事実が、いかにゼロ年代の球団運営がひどかったかの証左のひとつ。

タグ:weblog
posted by みやかけお at 14:34 | TrackBack(0) | 日記