2018年06月30日

送り手と受け手の間には暗くて深い河がある

 いやはや。再放送している『カーネーション』を毎日録画して観ているが、こんなによくできたドラマってなかなかないよなあ、と日々感心するばかりでございますよ。本放送の時から数えてもう三度目の視聴になるけれども、どこまで張り巡らされたシナリオなんだ、と目眩がするくらい。勿論、作りながら思いつく部分も多いのだろうけれども、それにしたって、あの場面あの台詞がここで生きてくる、という連続物の醍醐味がこれでもかと詰まっていて、本当に奇跡のように面白いドラマ。

 閑話休題

 いま、再放送の進行状況としては、重苦しかった太平洋戦争中の部分が終わり、戦争の間、虐げられていた洋服とパーマネント、つまりはお洒落が全盛を迎えようとする大変に前向きな時代へと移り変わったところなのだが、登場人物が、皆明るく振舞っているのが、戦時中部分が辛かっただけに、余計に楽しく感じられる。
 このあたりを観ていて、いつも思い浮かべるのは、獅子文六氏が著した『大番』という大変に面白い娯楽小説に出てきた終戦直後の場面で、焼け野原の東京にあってバラック建ての喫茶店を始めた主人公の友人を描き、そこに、主人公の雑感として「厳しい状況の中、皆が不思議なほど明るい」みたいな一文があったことで、ああ、きっとそうだったんだろうなあ、と強く思う。人間ってそういうものなんだろうなあ、と思う。

 閑話休題

 話は変わるようであまり変わりませんが、まあなんてんですかね、作り手自身が「神回予告」なんてやっているようじゃあ、二進も三進も行きませんわぃね。「神回」なんてのあ観る側が使う言葉だもの。言葉に対してこういう感じで鈍い人が作るドラマが面白い筈ァないもの。

 閑話休題

 本当に話は変わりますが、しかしまあファンなんて勝手なもので、八十年代から九十年代にかけて最強を誇ったプロ野球の西武ライオンズも、仕舞いには当たり前のように勝つから客が入らない、みたいなことになり、当時の森祗晶監督が、リーグ優勝を果たしたにも関わらず哀れ退陣した、てなことがありましてね。面白く勝つ、というのはやはり二兎を追うもので相当に難しいことなのでしょうな。まあそれをやるからプロ、という気もしますがね。

 閑話休題

 しかしこの、ワールドカップの時に渋谷や心斎橋に大挙現れる日本風フーリガンの模様をニュースなどで見るにつけ、世の中にはこんなにもたくさんのウェーイ系の人々がいるのかと思わされ、かなり暗澹たる気分になる。彼ら彼女らの有する、表面的に楽しいことが唯一の正解、みたいなパワーは、同調圧力の中でも相当に強いものだからね。
 あの映像を見るたびに、ほんとあいつらまとめて二・二六事件で厳戒態勢だった頃の東京にタイムスリップしてすごく困ればいいのに。とか思います。

 閑話休題

 いま、東京メトロポリタンテレビジョンでは、大阪発の番組である『怪傑えみちゃんねる』が土曜日の朝七時から放送される、という暴力的な行為が行われているのだけれども、しかしあれですかねぇ、この番組で顕著な上沼恵美子師の”上からモノを云う感じ”というのは、当節、すごく嫌われるのだろうなあ、とやはり思ってしまいますな。
 斯く申す私なぞは、別段、師に対する嫌悪感もなく、どころか、海原千里・万里時代のビデオをわざわざ買い求めたりしていたクチですから別段不満もなく面白く視聴していますが、こういう高圧的と取れる芸風を、殊の外嫌う人というのがそれなりの数いるのだろうなあ、そうしてそういう人々はすぐに気にくわない! と、ツイッターなんかにあげるのだろうなあ、と思います。同時に、そういう人たちって、物事に対してそんなに不寛容で毎日辛くならないのかしらん、なんて思いますです。
 でもまあ、いくら大御所とはいえ、上沼師に対して突っ込める人がいた方がより面白くなるとは思いますがね。しかし現実的にそれができるのは、鶴瓶・さんま両師ぐらいのものでしょうか。返す返すも上岡龍太郎師がいまいればなあ、と思います。

 閑話休題

 ではそんなことでお後がよろしいようで。ほんと、山崎康晃投手はもうちょっとスパッと抑えてくれないかしらん。ひょっとしたら「ランナーが出た方が自分にスイッチが入る」みたいな感覚を持っちゃってるのかしら、なんて勘ぐりをしたくなるくらいに簡単にランナーを出す。ハッキリ云って人気と実力にまだ開きがあるよ。大魔神の全盛期を10とするなら、現状はまだ5に届くかどうかというところだ。これで投手として完成だとは思いたくないんだよなあ。





タグ:weblog
posted by みやかけお at 08:56 | TrackBack(0) | 日記

2018年06月27日

花に嵐のたとえもあるさ

 うーん、やっぱりあれだろうなあ、ネットウォッチ、というものは早晩、その存在自体がなくなるのだろうなあ。ネットウォッチってのはネットでしか見られぬ無名ながらも面白い人々を観察するものだったと思うけれども、これだけネットが浸透してしまうと、もうそういう、ネットの特殊性に特化した面白い人が出てくるとは思えんのだよなあ(そらあ狭い範囲では出てくるだろうけど……)。
 それに、今やネットで有名になり確固たる地位を獲得するというのは普通の有名人と変わらぬ状況だし、そうなると最早ネットウォッチ的な面白さはなくなっちゃうン。
 なんというか、あの頃のネットにあったものが少しずつ消えてゆくね。

 閑話休題

 うーん、でもあれかあ、これだけSNSが発達すると、世の中全体がネットウォッチ的になっているとも云えなくも無いのか。SNSを少し閲するだけでも次から次へとばか者が炙り出されてくるものなあ。探していなくともどんどんばか者がバカみたいなことをやるんだものなあ。そうなると、娯楽というか面白いものとしてのネットウォッチっていうのは自然、なくなるわな。

 閑話休題

 しかしこういうことを考えていると、本当に時代が変わるのが早いなあ。なんて思ってしまいがちだけれども、私なんかが常々思ったり云ったりしている、ネットが桃源郷だった頃ってもう十五年以上も前の話なんだよな。ヤフーが街角でADSLのモデム配ってた頃の話だもの。不肖私めが『十億アクセスの彼方に』を作ったのだってもう十四年も前の話だもの。あの頃中坊だった連中がいまやアラサーだ。年間262本もヒットを打っていたイチローがいまや半引退状態だ。
 いま自分の肌感覚で捉えている時代の空気、それはもう何年も遅れているものだと思っていないと、どんどん時代に取り残される。

 閑話休題

 若いというか小供だった頃、大人ってどうしてアイドルの名前とか知らないんだろう、知らないことに対して不安になったりしないのかなあ。と不思議に思っていたものだけれど、いざ自分が大人になってみると、別段、知らなくっても困らないのね。AKBの選挙で上位をしめた人の名前や顔が全然わからなくっても全く不安なんか感じないのね。だってもっと面白いもの素晴らしいものをたくさん知ってるんだもの。大人っていいよね。

 閑話休題

 ああ。スーパー・ストロング・マシンも引退したし、ビッグバン・ベイダーも死んじゃったなあ。
 マシンがまだマシン1号だった頃、両国国技館での藤波辰巳との一騎打ちを観たよなあ。藤波が永年封印してきたドラゴン・スープレックスを解禁した日でなあ。ついこないだのことだと思っていたのにあれからもう三十三年も経っているじゃないか。あの頃生まれた赤ちゃんがもう綾瀬はるかになっているじゃないか。どうなってるんだ。お前は平田だろう。ゴー・マシン・ゴー。
 ベイダーがたけしブロレス軍団の刺客として両国国技館に登場、不透明な展開に国技館で暴動が起きたのだってもう三十一年も前の話だ。ベイダーとソ連(当時まだソビエト連邦があったんだよな……)のアマレスチャンピオンだったサルマン・ハシミコフとの一騎打ちを観に行ったなあ。負けたハシミコフが泣きそうになりながら花道を走って去って行ってなあ。
 なんかあれだよ、ずっと観ていた人が引退したり死んだりすること、それ自体ももちろん寂しいんだけど、上に挙げたような自分の体験・記憶が、現実との繋がりを失ってしまう感じがするから余計に寂しいのかもしらんなあ。

 閑話休題

 ではそんなことでお後がよろしいようで。まあほんと、我がベイスターズも糞詰まりみたいなゲームが続いているけれども、そんな中でもしっかり選手層が厚くなりつつあるのは存分に感じるから、来年以降はすごくよくなるんだろうと思う。いまのカープみたいになるんだろうと思う。思い返せばゼロ年代なんて、ただでさえ記録的なペースで負け続けているのに未来への展望も全然見えてこないという地獄だったからなあ。




タグ:weblog
posted by みやかけお at 08:42 | TrackBack(0) | 日記

2018年06月25日

こーこはどーこの多元宇宙じゃ

 しかしあれだなあ、古くからネットをやっている人間ほど、いまやネットとリアルは陸続きになった、って一層強く思っておかないといけないのだろうなあ。ネットとリアルが隔絶されていた頃、ネットの空間には、リアル世界では感じられない桃源郷めいた居心地の良さがあったから、どうしてもその甘美な記憶が抜けきらない部分があるものね。
 リアルの世界で基地外を見かけたらなるべく近寄らない&警察など然るべき組織や機関に相談・通報するのが常道であるように、いまやネットの世界でも基地外を見かけたらなるべく近寄らず、然るべき組織や機関に相談・通報するのが常道となったのではなかろうかね。世知辛いというか、嫌なネット世界になったと暗澹たる心持ちになるけれども、こればかりは仕方がない。
 ネットが皆に行き渡り、SNSという自意識・自己愛を肥大させる装置が手に入ったのだから、それ様にいろんなことが起きてくる。現状、皆、手に入れたばかりのこの装置をどう取り扱っていいかよく分かっていないままに使っている、みたいな過渡期にあるんだろうね。

 閑話休題

 話はすっかり変わるけれど、そうだよなあ、大抵の男は木南晴夏嬢のことが好きだと僕は思うなあ。ああいう自然体というのか、浮ついたところのなさそうな、いつも変わらずそこにいてくれる感じ、というのか、そういう感じの女性のことが大抵の男は好きなのじゃないかしらん。麻生久美子嬢なんかにもそういう感じがあるよね。で、そうした自然体女性の頂きにいるのがの樹木希林氏だという気がするン。

 閑話休題

 そらまあ玉木宏氏と木南晴夏嬢が結婚するっていうんなら、御両人ともテレビなどで見知っているからニュース・ヴァリュウがあると思うけれど、近頃、モデルの誰それと誰それが結婚した、みたいな、夫婦どちらの名前を聞いても誰だか判然としない、みたいな人たちが結婚や婚約したというニュースが、ニュース系のアプリなどを眺めていると飛び込んでくることがあって、こういうのを見るたびに、これは間違った情報社会だよなあ、と思う。どこかで時間の軸がずれて、本来繋がるべくもない別の多元宇宙に繋がってしまったのじゃないか、という気がしちゃうン。

 閑話休題

 多元宇宙といえば、この十年ほど、ごく偶にではあるが秋葉原に足を運ぶたび、この街はどこかのタイミングで別の宇宙に接続されてしまったんだろうな、と思ってしまう。
 八十年代後半から九十年代半ば、即ち世界に冠たる電気街だった秋葉原を存分に過ごした身からすると、石丸電気もラオックスもミナミ電気館もヤマギワも廣瀬無線も、すっかりなくなってしまうなんて、とても考えられない。絶対どこかで時間軸が別の宇宙に繋がってしまったに決まっている。だから僕は、未だ、世界に冠たる電気街のままの秋葉原が存在する別の宇宙がどこかにあると睨んでいる。
 だってさあ、平日の午前中に会社員の皆さんが普通にスーツ着て仕事の感じでたくさんいる秋葉原なんてどう考えても変じゃん。平日午前中の秋葉原なんて、ひと気があんまりなくて、人生の行き場を失った人々の吹き溜まりみたいだったでしょうよ。それを思うとやっぱり幾ら何でも変わりすぎだって。あり得ないあり得ない。

 閑話休題

 ううむ。『マリオテニス』を買ったから試しにネットトーナメントに参戦してみたらいきなりぼこぼこにされてとても悲しかった。これが『マリオカート』だったら八人だか十二人だかで競争するからまあネット対戦で負けても敗残のショックはさほどないのだけれど(レース中の順位変動が大きいしネ)、『マリオテニス』は一騎打ちだからぼこぼこにされるとまじへこむ。まあ任天堂のゲームだから、繰り返しあすぶことで自分が上達している感、を強く覚えられるから、あすんでいて楽しいんだけども、いやあ、それにしたって、誰の目にも中年と映るような年恰好になって、ここまでの敗残の心持ち、何もでききない惨めさ、手も足も出ない情けなさ、を味わうとは思ってもみなかった。
 やっぱりゲームであすぶってのは、いろんな意味で面白いや。

 閑話休題

 ではそんなことでお後がよろしいようで。『マンチェスター・バイ・ザ・シー』とてもいい映画でした。



タグ:weblog
posted by みやかけお at 10:50 | TrackBack(0) | 日記