2018年05月18日

すべて時代のせいにして

 その当時、自分が年端も行かない小供だったことを割り引いても、七十年代後半のテレビというのはまだ夢の国だったように思う。我々庶民の住む世界とは隔絶された世界、多少大袈裟な物云いをすれば、ブラウン管を通じて天上界を覗くような感覚で、仰ぎ見るようにしてテレビを観ていたと記憶している。
 そんな天上界の中でもひときわ大きく輝いていた星々、スター、その一つが西城秀樹だったと思う。
 八十年代の十年間でテレビという天上界はすっかり下界に降りてしまい、庶民の住む世界と陸続きになった。じねん、天上界に住まう人だった西城秀樹をはじめとする数々のスターは時代の向こうに追いやられた。それでも天上界に住んでいた人々が持つオーラは、たとい時代が変わっても消えることはなかった。彼ら、かつて天上界にいたスターを見るたびに、かつてそういう世界があったこと、それを仰ぎ見ていた記憶が蘇った。
 巨きな星がひとつ消えて、あの頃といまの自分を繋ぐ懸け橋がひとつなくなった。やがて全ての星が消え、あの頃の世界が、自分の記憶の中にだけ存在するものになるんだろう。最後はその自分すらも消えて、かつてテレビを観ることは恰も天上界を覗くが如き素晴らしいものであった、と誰かが文字に書き残す唯の”歴史”に変わる。

 閑話休題

 あれは小学二年生の頃だったと記憶するけれども、テレビだったかラジオだったかは忘れたが不図、聞こえてきた『ブルースカイブルー 』を聴いたら一発で参ってしまい、歌詞の意味は解らないながらもしばらくの間、登下校の際に頭の中で曲を再生しながら歩いていたものだったなあ。ラジカセすら持っていなかったから頼りは自分の記憶のみ、まして小学二年生の脳味噌だから曲を完璧に憶えることなど出来よう筈もない。だから、頭の中で勝手に曲を編集してしまっていた(後年、小遣いでレコードを買ってようやく頭の中で編集していることに気づいた)のだけれど、それでも頭の中で絶唱すれば気分は高揚、そうして雲ひとつない青空を眺め「ブルースカイブルー」という曲名から受ける、言葉が二度塗りされたような語感にそこはかとない可笑しみを覚えつつ登下校していたことを思い出す。あー、できたらあの頃に戻りたいネ。

 閑話休題

 そうはいっても僕は八十年代に、テレビの世界なんて嘘っぱちだ、とばかりにそれを破壊しまくったビートたけし師の存在と行動に快哉をあげ、影響を受けまくったのだけどね。これは別にたけし師が元凶、みたいなことではなくって、それが時代ということなんだろうと思う。時代が天上界の存在を許さなくなっていたのだと思う。そこにたけし師という、次の時代を背負える才能がたまたまいた、ということなのだと思う。そういう存在が時代の寵児、ということなんだろう。時代ってのは知らん顔して変わっていってしまうものだからね。

 閑話休題

 時代の寵児、と思ったり書いたり云ったりするたんびに、レツゴー寵児、と云いたくなる衝動を抑えるのに苦労する。まあ、時代の寵児、なんて言葉ぁ滅多に使いませんがね。

 閑話休題

 やはり時代が変わったな、と思うことは他の世界でもやはりあって、たといば、いまから十年前のホリエモン氏や三木谷氏のような感じで世の中に出てくるIT関連の人、というのはもう現れないと思う。あれはあの時代だったからこそ、ああいう「新奇な人種」みたいな形で世の中に出てくることができたのだと思う。これが当節のように、プロ野球十二球団のうち1/4に当たる三球団をIT企業が保有する時代、つまりはITの存在が当たり前の時代にあっては、ああいう形で世の中に登場することはないだろう。
 その代わり、広く世間に浸透した当節のIT長者は、剛力彩芽や石原さとみを平気で掻っ攫ってゆくようになった。そこまでのレベルで世の中にITとそれを主導する人間の存在が浸透した、そういう時代に変わったということだ。

 閑話休題

 プロレスもそうだったよな。吾輩が餓鬼の時分のプロレスの世界って、恰も、鬼たちの棲家のように思って観ていたものな。下手に近寄ったら殺されるぐらいの感覚で観ていたよなあ。それがストロングスタイルということだったんだろうなあ多分。

 閑話休題

 話は変わるがやっぱり言葉ってのは、広く流布・浸透してしまうとその持つ力が弱まってゆくよね。一年くらい前から、無駄にメンタルが強いような人が「はは。私のツイートが炎上してる」なんつって、自分が発した品性の下劣なつぶやきに続々と反論が寄せられているのを、どこか嬉しそうに眺めている、みたいな状況を目にすることが増えたように思う。もうこうなると炎上、という言葉が本来持っていた、只事ではない様子、の意味合いは霧消してしまう。
 斯くの如く、感性の鈍い人がみんなが使っていて面白そうだからというだけで言葉を濫用すると、あっという間にその言葉の命脈は尽きてしまうよね。

 閑話休題
 
 ではそんなことでお後がよろしいようで。他所様のことながら、タイガースはどうして掛布雅之より金本監督を選んだのかねぇ。
タグ:weblog
posted by みやかけお at 19:19 | TrackBack(0) | 日記

2018年05月16日

人間なんてララーラーラララ ラーラー

 ああ、国際信州学院大学の偽サイトはよく出来てて面白いなあ。公式サイトもいい塩梅にギャグが散りばめられていてとても面白い。大学の歴史を紹介するところなんて特に好きだ。周辺のツイッターアカウントもみんな同じぐらいのレベルで作っていて、そのレベルから外れているのが無いのもいいね。終着点が見えなくなるような作り方だけど面白いからどんどん頑張れ。

 閑話休題

 しかしこうした案件に際して、簡単に釣られてしまう人ってのが結構な数いるものだと改めて思わされる。そうした釣られ上手な人々を見るたびに、嗚呼、人ってのは、話題になっている事柄に対してとにかくひとこと云いたいものなんだなあ、いっちょ噛みしたいものなんだなあ、と思わされますな。
 ましてこれがSNSの時代たる当節となると、自分もなにかを発言せねばならん、何某かの意見を持たなくてはならん、話題の輪の中には入らなくてはならん、と皆普通に思い込んでいるから、結句、傍観者でいることができなくなってしまうのだろうなあ、と思いますです。まあ、云ってる俺がまさにそうなんだけどネ。

 閑話休題

 んまあ、そうねぇ、おいらの拵えた作品であっても「これは本当にあった話なんですか」なんて云っている人が結構いたからねぇ。明らかにギャグとわかる異質な文言を入れてあったり、どう見てもセコイに過ぎるデザインだったりしているのにそこには全然気がつかないでね。
 つーか、アレなんだろうな、人って、自分が発見したものを本物だと思いたい、偽物だとは思いたく無い、という深層心理があるのかもしらんね。一旦、本物だ! と思っちゃうと、散りばめてあるギャグすらそれと気付かなくなっちゃうのかもしらんなあ。だって嘘の話に対して真剣に意見してたら馬鹿みたいだものね。みんな馬鹿にはなりたくないものね。
 ほんと、人間ってのぁ面白いですなあ。

 閑話休題

 話は変わるんですが、いまこれだけの世の中で、まだ「アニメオタクは犯罪予備軍」とか思ってる人なんているのかしらん。いるとすればそれは最早、これまでのマスコミの報道に踊らされているだけの人なのではなかろうかね。まあ、見出しを作る側にしてみれば、ある種のテンプレートに従っているんだろうけどね。大衆の中に広く流布しているフレーズの方が読者のイメージを喚起しやすいから、アニオタ=犯罪予備軍、と、とりあえずしておくんだろう。

 閑話休題

 しかしインターネットが広く行き渡ってから、旧来からあるマスコミが時代をリードして作ってゆく、という現象が全く見られなくなりましたな。当節の旧来マスコミを見ていると、世の中の移り変わりに、押っ取り刀で後を付いてくるばかり、に見えて仕方がない。もう世の中のスピード感が変わってしまったんだろうなあ。

 閑話休題

 頭にボールが当たったら死ぬぞという高校野球の先生vs無法なタックルをしろという大学アメフト部の監督。

 閑話休題

 そらまあ大昔に田淵幸一が頭にデッドボールを食らった時には実際に死にかけたし、かつてのスワローズの名三塁手、角富士夫も守備機会の際に打球が頭に当たり頭蓋骨を陥没骨折、次に同じところに打球が当たったら命の保証はできないと医師に云われたというからなあ。そらあたかが野球とはいえ硬球が当たったら死ぬこともあるわいな。まあ、その言葉以前に、その監督さんが生徒に対して相当にひどい叱り方をしたんだろうがね。

 閑話休題

 でもあれだ、私なんかが餓鬼の時分には随分と乱暴な叱り方をする教師が結構いたものだけれど、あれから三十年以上の月日が流れたいま思い返すとそれも懐かしい良い思い出、なんてことは全然思わなくって、いま思い返してもまじむかつく。無駄に威張ってやがって。手前ぇの乱暴狼藉を、我々の行為の所為だと正当化しやがって。
 思い出すのはあれは吾輩が中二の時、指した生徒が満足に答えられなかったというだけで逆上、教師自らが一週間に渡り授業をボイコットした、ってこともあったっけ。しかも次の年になったらそれを生徒を脅す材料にしてやんの。「あの時を経験してる奴もいるだろう」とか云って。いま思えばあいつの振る舞いはまるっきり馬鹿のそれだったよなあ。
 おっさんになったいまの頭脳と了見を持ったままあの頃に戻れるなら、当時の教師連中に、手前ぇらの行動が如何に道理に反しているか、ということを滔々と述べて大いにとっちめてやりたい気がする。

 閑話休題

 それはもちろんあの頃みたいな理不尽な教育はしてはならん。そういう教師がいまもいるなら早く絶滅した方がいい。が、その一方で、人間というのは放っておけば他人に対して理不尽な振る舞いをするものだ、という認識は持っておかねばならん。

 閑話休題

 話は変わりますが、近頃あまりテレビを観ないのでよくわからんのですが、あのほれ、小藪さんっていう関西のタレントの人、あの人、バランス感覚にすぐれた発言をしていてとても良いね。

 閑話休題

 あとあれですよ、このところ頓に思うのは、玉袋筋太郎師ってまじすごいよなあ、ということですよ。あの芸名でマスコミに出て売れているというのは、本当に一つの奇跡だと思うなあ。実際、ものすごく面白いし。いま、ビートたけし師の遺伝子をいちばん強く感じさせる人だと思う。真っ当な東京芸人の系譜にある人という感じがする。

 閑話休題

 やはりこの、褒めるよりも貶す方が簡単なんだろう。嫌なこと・不快なことってのは、違和感として自分の中に残りやすい。だからすぐに気が付いて言語化することができる。翻って、良いこと・快適なことっていうのは、ごく自然に自分の中に入ってしまうから気づきにくく、従って言語化するに至らない場合が多い。
 それに嫌なことはすぐに吐き出して楽になりたいし、良いことは別段吐き出したいとは思わない。だから勢い、貶す方が増えるんだろう。自戒を込めて常にそう思っておかなければいかんネ。たとい貶す時でも洒落っ気を忘れてはいかんよね。

 閑話休題

 しかしあれかね、二十年三十年前と比べると、テレビ番組もコンプライアンスが重視されるようになって、随分と清浄な番組が増えたと思うのだけれど、かつて、テレビは俗悪と云って文句ばかり云っていた市民の皆様ってのは、いまの清浄化したテレビ番組に大層満足して、それはそれは日毎夜毎に熱狂してテレビを観ているのかしらん。あの頃、『全員集合』や『ひょうきん族』を俗悪として怒っていた人たちっていまどんな風にしてテレビを観ているのだろうね。それとももうみんな死んじゃったかな。

 閑話休題

 水清ければ魚棲まずと申しましてな。世の中が清潔になったら途端にアレルギー持ちが増えたりするのが世の習いですからな。

 閑話休題

 いま上で『全員集合』って書いたけれども、いまはもうこれだけだと通用しないのね。我々の年代の感覚からすると『全員集合』といったらそれは取りも直さず『8時だヨ! 全員集合!!』のことだと諒解されたけれども、いまの若い人にそう云ってもてんで通用しない。更にはドリフターズ、と云っても、ああ平野耕太のマンガですか、などと真剣に云われる始末。だめだこりゃ。
 いまから十数年前、ナンシー関氏のコラムを読んでいたら「自分が当たり前と思っていたことがそうではなくなり、自分の世代が世の中のメインストリームではなくなったと感じた」みたような文があったのだが、いままさにそんな感覚を味わっている哀しいおっさんとは吾輩のことさ。次行ってみよう。

 閑話休題

 ではそんなことでお後がよろしいようで。ほんと、頭が馬鹿の人ってすぐに極論を云うから面倒ですよね。



タグ:weblog
posted by みやかけお at 15:54 | TrackBack(0) | 日記

2018年05月11日

世の中は「面白い」に溢れています。

 なんというかこの、Y氏が云ったとされる「農業とか面倒臭い。正直だりぃよ」という発言であるけれども、なんつーかこの、アイドルを生業としているイケメンおじさんが、自分が為した仕事の中でも相当に高い評価を受けているものについて、酒に酔った挙句、二人きりとなった密室で十五歳の少女相手に愚痴っている、という図柄が僕にはとても面白く思えてしまいます。
 そうしてまた、なんというか、この時のY氏って、途方もない幸福感に包まれていたのではないかなあ、と想像します。だってその、酒にだらしのない人がだらしなく酒に酔い、自分の性的嗜好に最も合致する未成年の女の子に対して、無駄話の中では相当に楽しい部類に入る仕事の愚痴を云い放っているのですから、そらあ筆舌に尽くし難い幸福感に包まれておっただろうなあ、と想像しますです。

 閑話休題

 なんというかこの、上のような週刊誌の記事について「真剣に農業をやっていた証拠」みたいなネット世論が形成される刻下の状況というのもまた、大変に面白いものだなあと思います。記事を作った皆さんにしてみれば、斜め上どころじゃあない予測不可能な反応であるように思いますです。こういう、発案者・発信者の意図とは完全に異なる何かが形成されてゆく流れ、というのは傍から見ていて大変に面白いものです。

 閑話休題

 話は変わりますが、最近街を歩いていてふと思うのは、どっ。どっどっ。どっどっどどっ。どっどどっどっどっどっどっ。みたいな、大音量で異様な重低音の音楽を流している、不良や元不良の人たちが運転しているとひと目でわかる自動車から聞こえてくる楽曲が、いずれも同じものに聞こえる、ということであります。あれ、多分、ああいう自動車から流れてくる音楽を、どれも同じ曲である、あるいは、不良の自動車から聞こえてくるノイズである、と認識するような、高度な省略化の機能が、我々のような常人の脳みそには搭載されているのではないかと思うのです。

 閑話休題

 と、いうようなことを書いていて急に思い出したのですが、あれはいまから十五年くらい前だったかなあ、当時の住処、その最寄駅の前を歩いていたら、不良の人が運転していると思しきビッグスクーターから、街中に響き渡るような大音量で、浜崎あゆみ氏が歌唱する『卒業写真』のカヴァーヴァージョンが流れてきて、笑いを堪えるのに必死になった、ということがありましたよ。
 怖い不良の人が怖い顔で跨るビッグスクーターから「そつぎょおー しゃしーんの あのひとはー やーさーしーいー めーをー してーるー」なんて、情感たっぷりの歌声が、耳をつん裂くような大音量で聞こえてきたらそらあーた、笑いますって。しかも不良の人ったらちゃんと赤信号で止まってんの。不良なのに。『卒業写真』大音量で流しながら止まってんの赤信号で。不良なのに。

 閑話休題

 あとあれですね。ネットでの炎上騒動を見かけるたびに、なるほど、関東大震災の昔には、都々逸を歌わせてこれを満足に歌えぬものは日本人ではないと断定してぶちのめす。みたいな乱暴狼藉が行われた、というのも本当のことだったのだろうなあ、と思いますです。

 閑話休題

 朝の連ドラをちらと見たのだけれど、なんだかテンポが鈍いなあ、と思った。昭和末期から平成初期の話であると映像で懸命に説明しようとするあまり、それを示す小物であるとかセリフであるとかを長くやるから変になるんじゃないかしらん、と思った。ちら、としか見てないからたまたまそういう場面だっただけかも知らんけど。『あまちゃん』だと、現代と八十年代の話がてれこっぽくなってたんだよな。

 閑話休題

 しかしあれだ、朝の連ドラなんて、我々の祖父母や父母の人たちが、かつて自分が生きた時代を懐かしんで観るものだとばかり思っていたのに、いつの間にか自分らがその対象に入ってきてしまっているじゃあないか!

 閑話休題

 いま、我が家の近傍から、幼い男児と思しき人物が、おそらくはご自宅の玄関ドアーと思われる板様のものをバンバン叩きながら「いれてー」と繰り返し泣き叫んでいる音声が聞こえてきます。なかなか入れてもらえぬようで、とうとう地団駄を踏みながら(足音からするとどうも裸足のようです)「いーれーてーよー」と泣きながら絶叫しています。ここで私が飛び出していってその幼い男児を我が家に匿ったら、果たしてどんな騒動が起きるだろう……なんて想像しています。
 まあそれを実際にやったところで、ご近所さんのことなので警察沙汰までにはならないでしょうが、きっと私はそのご近所さんから異常者としてテッテ的にマークされることでしょう。
 と、そんなことを考えている間に、幼い男児と思しき人物があげていた泣き叫ぶ声が聞こえなくなりました。きっとお家に入れてもらえたのでしょう。よかったね。

 閑話休題

 ではそんなことでお後がよろしいようで。ああやっぱり『カーネーション』は飛び抜けて面白いや。そうそう昔はミシンは踏む、といったのだよな。チャンネルを回す、みたいに。



タグ:weblog
posted by みやかけお at 21:16 | TrackBack(0) | 日記