2019年03月18日

その時、歴史が動いたのかもしれない。

 やはりそれは世の中を相手に広く活躍をしていたわけで、そういう人が法を犯したのだから相応の社会的制裁を受くるべきと思う。しかしながら、だからと云ってピエール瀧氏がこれまでその制作にたずさわった音楽、映像、その他あらゆる作品が即座に封印され、市場/史上において未来永劫なかったことになってしまう、というのはやはりどうも行き過ぎのような気がしてならん。
 そうしてまた、これが行き過ぎだと感じる一つの原因として、氏の作品の提供元が、氏が逮捕された途端、それら作品を一目散に、それこそヒステリックと映るほどの周章てぶりで、光速に作品を引き上げてしまうことにもあるように思う。
 そこからは、法を犯したものとの関係を即座に絶ちたいという意識しか感じられず、そこに犯罪とは何か、芸能とは何か、文化とは何かといった本質的な問いが全くないのもよろしくないと思う。ただただ硬直した発想で作品を一目散に引き上げてしまうのがよろしくないと思う。
 ピエール瀧氏という大物が挙がった機会だから、これを好機と捉えて芸能・文化の本質を見据えた議論が必要と思う。

 閑話休題

 しかしあれですかね、こうした我が朝の対応が海の向こうで適用になった場合、名うてのヤク中だったキャリー・フィッシャーを擁する『スター・ウォーズ』シリーズもあかんようになるんスかね。

 閑話休題

 ニュージーランドの事件を見ていて感ずるのは、うーん、こんなにまで承認欲求という奴をこじらせた連中が、それこそ洋の東西を問わずにいるということで、うーん、いや、承認欲求とは違うのか。でも、動画で世界中に自分の思想信条を発信できるという事実に酔っている部分は否定できないと思うんだがなあ。まあ、我が国で育ち海外に渡ったことのない僕などからすると、これに宗教が絡んでくるともう理解の範疇を超えてしまうのだけれど、ただ、この十年の間にわが国においても爆発的に増えた移民の皆さんの存在を思うにつけ、あと二十年もしたら我が国でも同様のことが……という考えがふと浮かんできてならんね。その時は逆に我が同胞がやられているような気もするけど。

 閑話休題

 人間動物園。

 閑話休題

 やっばりあれですかねぇ、同じ警察に就職をした人たちでも、マトリの第一線で活躍し、ピエール瀧氏のような大物を挙げるような警察の人と、小学生の上履きを何足も盗んだ名も無き犯人を逮捕、その押収した上履きを、報道の人に見せるために警察の道場に並べる仕事をなさっている警察の人とでは、やっぱり随分と差があるのかしらねぇ。警察内で差別されたりするのかしらねぇ。

 閑話休題

 人なんて放っておけばすぐに人を差別するものだし、またそれがSNSの時代になって著しく顕在化したよね。自分の了見の範疇にないことをやっている人を見ると、とにかく批判的に、悪し様に云う人ってたーくさんいるものね。SNS以前には、そういう類の人がこーんなにいるとは思いもよらなんだよ。

 閑話休題

 次の元号はまた昭和でいいんじゃないかしらん。いかにも過去に生きている国みたいでいいじゃん。あるいは「又昭和」にするとかね。

 閑話休題

 ああ、獣神サンダー・ライガーもとうとう引退するんだなあ。そらそうだよなあ。ライガーって全身タイツで見た目ソフビ人形みたいだから年齢が消えちゃうけど、闘魂三銃士より先輩なんだよなあ。いま、四度目の年男を生きている僕ちゃんが小学六年生の時には山田恵一としてもう新日本プロレスに居たんだもんなあ。でもいろんな試合を見たなあ。まだ素顔だったのはもちろん、一介の若手だった頃、一回目のヤングライオン杯の優勝戦、両国で小杉に負けた試合を観たなあ。まだ獣神ライガーだった頃、やはり両国で佐野直喜と闘ったダブルノックアウトの試合も観たなあ。ペガサス・キッドとのタイトルマッチも観たなあ。あの頃、ライガー、佐野、野上、ペガサス・キッドなんかが、当時の常識を超えた激しい試合をやり始めたんだよな。あの頃のジュニアの試合がいまの新日の原点という気がするね。その後もたくさん観た。青柳政司との喧嘩みたいな異種格闘技戦は興奮したっけなあ。スーパーJカップは本当に面白かったよなあ。他の団体を巻き込んでジュニア王座8冠統一の実現もしたし。橋本との階級を超えたシングルマッチもあったなあ、対ヘビー級用のコスチュームで登場してなあ。Uインターとの対抗戦で佐野と再び相まみえた試合では、当時Uスタイルだった佐野にトペを飛ばせたんだ。ムタとの異次元対決ではマスクを破られたんだけど、その下に恐ろしいペイントをしてたんだよなな。パンクラスに上がって鈴木みのると闘って、既にプロレスの範疇には居なかったパンクラスに議論を巻き起こしたんだ。いや、ほんと、思い出は尽きないねぇ。
 いつもここで書いていることだけど、ファンっていうのは、観ることと忘れずにいることしかできないんだよなあ。だから一所懸命に観なくちゃいけないんだ。

 閑話休題

 ではそんなことでお後がよろしいようで。我がベイスターズのドラ1ルーキー、上茶谷の投球フォームってなんとなく盛田幸妃のフォームに似てるなあ。いずれにしても上茶谷はいいピッチャーになりそうだ。そのマウンド捌きからはバッターと対決するんだという意識が芬芬と漂ってくるしね。バットをへし折るのに快感を感じてそうな投手。伝統的に大人しい我がチームの投手にあって異彩を放つかもしれん。


タグ:weblog
posted by みやかけお at 20:15 | TrackBack(0) | 日記

2019年03月13日

魔が差すこともあるよ

 ラジオはいろんなマスメディアの中ではかなりリスナー、受け手との距離が近いものだと思う。特にAMラジオの平日昼のワイド番組となると、それをいつも聴いている人にとってはすっかり生活習慣の一つとなってしまう。だから、そういう暮らし向きをしている僕にとって、TBSラジオ『たまむすび』を聴くのは生活習慣の一つ。メイン・パーソナリティの赤江珠緒女史の、テレビ出演時にはけして見られぬ桁違いのポンコツぶりに笑い、そうして女史が繰り出すエッジの効きすぎたポンコツに対して、暖かくも鋭く突っ込み、その笑いを倍加させる各曜日毎のパートナーの見事を、まったく以って日常の風景として、気楽な感じで、自分もそこに加わり至極楽しい雑談をしているようなつもりで楽しんでいた。それだけに、ピエール瀧氏の逮捕はまことに残念で、送り手と受け手の距離が近いラジオの人だと認識しているからこそ、テレビその他で報道されるニュースソースとしての取り扱い以上の衝撃を受けている。今日放送の『たまむすび』で、水曜パートナーの博多大吉師が発した「たまむすびはこのメンバーで永久に続くものだと思っていた」という発言と同じようなことをリスナーとしても思っていたわけで、そういう、当たり前にあるものだと思っていた、日常を構成する一片が突然なくなってしまったことに落胆、というか困っている。この事実に対してどう反応していいのかわからずに心が困っている。

 閑話休題

 歴史的に見てもこれだけ薬物の使用による逮捕者が出ているのに、未だ、芸能界から薬物の使用が消えないというのは、やはり、相当に根強いネットワークというのか、それを供給する巧妙な手段があるのだろうと想像できるのだがどうなんだろうか。でもピエール瀧氏ならば、そういう悪い波を器用に躱して行ける人だと思っていた。もちろん、メディア上で見た印象だけだから、本質的な、生活者としての素性の面まではわからないのだけれど。それでも、本業の電気グルーヴを始めとするアーティスト/演技/タレント活躍からも、また、主にラジオで表現される生活者としての姿からも、我々一般市民が理想とする仕事ぶり、暮らし向きを軽々と、易々と、サンダル履きの感じで実践している印象を受けていた。そこから、薬物との繋がりを想起させる悪辣な要素は一切見受けられず、故に報道を見るにつけ、またこれまでの活躍を思い出すにつけ、何故、と不思議に思うばかり。やはり、魔が差した、ということなんだろう。

 閑話休題

 ではそんなことでまた。珠ちゃんも、広瀬麻知子アナウンサーも辛かろうになあ……明るくって笑ってばっかりの人が悲しんで泣いている姿は、普段が楽しいぶんだけ余計に辛くなる。

タグ:weblog
posted by みやかけお at 20:10 | TrackBack(0) | 日記

2019年03月11日

若いという字は苦しい字に似てるわー

 本当に毎日毎日嫌なことばかりで嫌になってしまいます。ウディ・アレンの映画を観ていると、特に氏が若い頃に作った映画に出てくる主人公(そのほとんどは氏自身が演じている)は、押し並べて「人生は辛いことばかりだ」と云っていて、それを観ていた若い頃の私は「そうかなあ。結構楽しいこともあるような気がするけどなあ」と思っていたものだけれども、成る程、それなりに齢を重ねてみると、平均して辛いことの方が多いような気がする。
 なんというか、物事の裏面みたいなこと、人間の裏面みたいなことといった、若い頃には絶対に見えていなかった部分が見えてくるようになると、うーん、成る程ウディ・アレンの云う通り、辛いことの方が多いな。という気になる。
 そういえば音楽家の細野晴臣氏が還暦を迎えた頃、どこかに掲載されたそのインタビュー記事に「歳をとって老眼になると、余計なものを見なくて済むようになる。耳が弱くなると余計なことを聞かなくて済むようになる。集中力がなくなってくると、細かいことにこだわらなくなってくる。これはいいな、と思った」というようなことを述べておられたと記憶するけど、できたら自分も早くその域に達したいものだと思う今日この頃のラッコの毛。
 そこそこものが見えてきたのにまだ感受性はそこそこ生きているから畢竟いろんなことが辛くなって仕方がない。おまけに立ち直る力は若い頃と比べて精神・肉体両面共にぐんと落ちているからなおのこと辛い。やーねぇ。

 閑話休題

 でもウディ・アレン映画の名作の一つ『ハンナとその姉妹』のラストでは、ウディ・アレン演ずるキャラクターに「ハートって弾力性のある筋肉だね」てな台詞を云わせることで、心は意外と持ち直す、ってことも云ってるから、まあ、色々大変だけど頑張ろうやお互いに。

 閑話休題

 あれはやっぱり透析患者の方は医師に誘導されて殺されたんだよなあ。透析は開始されるまで通常、自覚症状がない状態で悪化してゆくというから、してみると、基本的に体が平気な状態であるにも関わらず、辛いとされる透析を開始するわけで、となると、なぜ透析をする必要があるのか理解できない患者さんがいても不思議じゃないんだろう。そうした類の患者さんの考えとしたら、苦痛なしでここまで来たのに、透析をすることでこんなにも辛い思いをするんなら、いっそやめちゃった方がいいかも、みたいな気持ちになるのかもしれない。そこを医師から言葉巧みに誘導されたら、透析の中止を選んじゃう人が出てきてもおかしくないだろうと思う。でも、ほとんどの透析患者の皆さんは、透析をしていれば普通に近い形で生活ができているように見えるけど。

 閑話休題

 こういう問題が起こると、決まって長谷川豊のように「自堕落な患者は殺せ」といった、想像力の完全に欠落したことを胸ェ張って云い募るバカがたくさん現れるからほんと嫌。昔はこういう話は井戸端会議でしか聞かれなかったからまだ良かったけど、いまはネットという天下の往来でもって平気で云って退ける真のバカが現れて、こっちの目に飛び込んでくるからほんと嫌。馬鹿は隣の火事より怖い。

 閑話休題

 話は変わるが、そんなに詳しく見たわけじゃないけど、あの東京新聞の記者さんって、いつも官房長官に質問をする際に、一人で時間を長く取って、自分の納得する答えが出るまでしつこくしつこく同じ話を繰り返す、ような印象を受けてたんだけど違うのかな。あんまり記者が自分の信条に凝り固まるのはどうなのかなあ、って、あの記者さんの姿勢にそこはかとない疑問を感じてるんだけど。

 閑話休題

 十四歳の女の子がSNSで東京新聞の記者さんを応援する、みたいな話題があったけれども、やっぱりあれかねぇ、みんなジャンヌ・ダルクを欲してるのかねぇ。

 閑話休題

 ジャンヌ・ダルクと八百屋お七を比べると、同じ火あぶりでも西洋と日本との違いがわかるような気がするン。っていま思いついて適当に云っただけだから本当にそうかどうかはわかりまちぇーん。

 閑話休題

 相変わらず『いだてん』が好きなので、グーグルストアで販売されていたテーマ曲をダウンロード購入、そうして繰り返し聴いているために、いまや、それを聴いていないときでも頭の中でテーマ曲が再生されるようになってしまっている。あの曲は本当にいいよなあ。陽気な感じで元気が出て前向きな気分になるのに加えて、志ん生の滑稽話のような軽妙さが同居しているから聴いてて飽きがこない。

 閑話休題

 しかしもういちいち「ダウンロード購入」とか断りをいれなくてもいいよね。ダウンロードで購入しない方がイレギュラーな状況になっちゃってるんだから。いまンなって考えると、シングルCDなんか二曲しか入ってないのに税別八百円とかしてたんだよなあ。

 閑話休題

 週刊プロレスが通巻二千号を達成したというから久しぶりに週プロを買った。キンドル版だけど。巻頭インタビューにあったターザン山本の言葉「昔のプロレスは”俺のプロレス”だった。いまは”みんなのプロレス”になった」とあって、流石は腐ってもターザン、と思って唸った。そうなんだよな、当節のプロスポーツを含めたエンターテインメントは基本的に”みんなのもの”なんだよな。シェアするのが当たり前なんだよな。一対一で対象と向き合って観戦する、なんて時代遅れもいいところ。それを未だにやっているおいら、シェアなんて糞食らえ、とか思っているおいらはもう随分と時代に取り残されているんだ。

 閑話休題

 週プロを初めて買ったのは通巻二十四号で、それから千三百号ぐらいまで毎週買ってたんじゃないかな。中学一年生が三十半ばのおっさんになってたよ。

 閑話休題

 ではそんなことでお後がよろしいようで。ああ。石田が左肘の張りで開幕絶望とな。ほんとになにやってんだ我がベイスターズの有望先発投手たちは。去年は今永濱口が揃って開幕に間に合わず、今年は東と石田が揃って開幕に間に合わずって、なにやってんだ本当に。もうすぐ筒香いなくなっちゃうんだぞ。いい加減にしろよまじで。




タグ:weblog
posted by みやかけお at 20:38 | TrackBack(0) | 日記